サプライズで質の高い結婚式

低予算でも想い出が残る結婚式

結婚式の人数で後悔したこと

結婚式で後悔する要素は様々ありますが、その内の一つとして「人数」が挙げられると思います。結婚式に呼ぶ際に迷う要素である「人数」。これを間違うと後悔してしまうことになります。今から式を挙げる人は同じような後悔をしないように、どうして人数のことで後悔しまったのか紹介していきます。


結婚式の人数を考える際に頭をよぎるのは御祝儀の数です。結婚式場の人から、このプランなのであれば何人呼ぶことによって自分の手出しはこれだけ減ることができますよ、と提案を受けることがあるであるでしょう。そのため、自分の交友録を確認し、できるだけの人呼ぶという人は多いと思います。ですがあまりにも人を呼び過ぎてしまうと、後悔してしまうことはなるのです。具体的には人が多すぎてうるさいのです。人を呼び過ぎてしまうと、本来関係のない会社の人間と地元の人間、学生時代の友達が絡んでしまい大騒ぎしてしまうというケースがあるんです。


実際にそのケースに巻き込まれてしまいました。司会の方にはヤジが飛び交い、むやみやたらに親族に絡まれ、余興の際には乱入が入るのという全く落ち着きのない式になってしまいました。結婚式をするための一つの理由としては親族を喜ばせてあげたいという観点があると思うのですが、暴走化した友人や会社の知人は親族に謎の絡み始め、親族あまり楽しめないという状況にもなってしまいました。結婚式の要である最後の親への言葉のときには、ざわざわした声が残り全く感動要素が無く終わってしまいました。手出しの出費も減るし、賑やかな結婚式になればいいと思い、人数を多めにしたのですが、感動したいところ・感動してほしいところまで騒音やザワザワした声が続いてしまったため、人数を多くしなければよかったと後悔しています。


結婚式で友人の人数多いデメリット

また、人数を呼び過ぎたらうるさいという事以外の弊害もあります。それは人数が多すぎてテーブルを回るということにものすごく時間かかってしまうということです。テーブルを回るのに時間がかかってしまえば、式自体の時間かかってしまい時間料を別途取られてしまいました。また、式に来てもらっているおじいちゃんやおばあちゃんが、あまりにも長すぎる式に疲れ果ててしまい、途中で退席するという事態も発生しました。


親族に楽しんでもらいたい式なのにも関わらず負担をかけてしまったということに対して責任を感じています。実際にテーブルを回ってキャンドルサービスをするなどの時、空き時間が開くのか、周りの人たちもヒートアップし、そのテーブルごとにお話をするということができず、キャンドルサービス中に乱入を受けたりと、散々な結果になりました。お酒が入っているので仕方がないと言えば仕方がないのですが、人数が多すぎて一度知り合いではない人たちが結託をしてしまうと、とんでもない暴動になってしまうことがあります。特に地元の友達に悪乗りクセがあるのであれば、彼らがいろいろな人を巻き込んで大騒ぎへと発展していくため注意が必要です。


人数を多くすれば御祝儀がたくさんもらえるので、そこまで手出しをしなくていいという浅はかな考えのもと、人数を増やしました。ですが、それによって起こされたのは様々な弊害です。お酒が入っているので仕方ありませんが、それでも許容しがたいほどの騒がしさとヤジ、式を円滑に行うためには害になるレベルのうるささで、キャンドルサービスに乱入されるなどと、せっかくの雰囲気を台無しにされることもありました。結婚式で喜ばせたい対象の一つである親族に長時間による式による疲れを起こしたり、あまりにもうるさすぎる会場で体力を消耗させたりと散々でした。結婚式は絶対に呼びたい人だけを呼んで小規模ながら楽しいパーティにすべきだったのではないかと後悔しています。